HOME

 FP事業
 Q&A
 コンサルティング
 会社概要
 執筆・監修 取材 講演
 講師例
 お客様の声
 
 FPコラム

 保険お役立ち情報

 投資に関する
   お役立ち情報


 金銭教育に関する
   お役立ち情報

 相続に関する
   お役立ち情報


 ローンに関する
   お役立ち情報


 FP技能検定について
    FP技能検定について
   [質問1] ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)とAFP・CFPの違いを教えてください。また、FP資格取得の流れについても教えてください。
 

[回答1]
■FP技能士は国家資格
FP技能士は、2002年からスタートした比較的新しい国家資格になります。職業能力開発促進法に基づき、社団法人金融財政事情研究会(金財)及び特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)が試験機関となり、学科試験と実技試験の両方に合格した者だけが「ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)」と名乗ることができます。

なお、試験には1〜3級があり、原則として3級FP技能士の資格を取得したものでなければ2級を、2級FP技能士の資格を取得したものでなければ1級を受検することはできません(例外規定あり)。

■AFP・CFPは日本FP協会認定の民間資格
一方、日本FP協会が認定する民間資格として、AFP及びCFPがあります。AFPの資格試験については、国家資格試験であるFP技能検定2級の試験がそのままAFPの認定試験となります。つまり、2級FP技能士とAFPはレベルとしては同じといえます。

FP技能検定2級に合格した人が、さらにAFP資格も取得したい場合には、日本FP協会認定のAFP認定講習を受講・修了し、日本FP協会の認定を受けることで、AFPを取得することができます。
 
AFP認定を受けるためのFP技能検定2級試験は、金財、日本FP協会のどちらの試験で合格していても構いません。なお、AFP認定講習は、全国各地の資格受検指導校などで行っています。
 
AFP登録のためのAFP認定講習の受講は、FP技能検定2級の合格の前でも後でもよいことになっています。ただし、AFP資格には登録期限があり、FP技能検定2級試験の学科及び実技試験両方に合格後(直近に合格した試験の試験日から)の翌々年度末までとなります。2級FP技能士合格後にAFP認定講習を受ける場合には、この登録期限内にAFP認定講習を修了し、日本FP協会に登録する必要があります。

■AFPの上級資格としてCFP資格がある
AFPの上級資格としてCFP資格があります。レベルとしては、CFP資格は国家資格の1級FP技能士と同程度といわれています。ただし、CFP試験は、AFP試験と異なり、FP技能検定1級試験と同じではありません。日本FP協会の実施するCFP資格試験に合格すると、FP技能検定1級試験の学科試験が免除となります。実技試験に関しては、免除になりませんので、CFP資格保有で1級FP技能士資格を取得したい方は実技試験を受けて合格する必要があります。

なお、2級FP技能士資格取得者が1級FP技能士資格を取得する場合には、金財が行うFP技能検定1級試験(学科及び実技の両方)を合格する必要があります。ただし、受検要件があり、原則として「2級合格の前後を問わず1年以上の実務経験」が必要とされています。

CFP資格試験でも、「AFP登録後、1年以上経過していなければならない」という条件があります。ただし、CFP試験は6科目に分かれており、1科目ずつの受検が可能です。なお、FP技能検定1級試験は学科試験に1回で合格しなければならないため、CFP資格取得後、FP技能検定1級試験の実技試験を受検、晴れて合格し、1級FP技能士と名乗るパターンが多いようです。

この度スキラージャパンでは、3級FP技能士・2級FP技能士の受検対策として、個別指導(家庭教師)部門を開設するに至りました。
集団授業とは違って、直接講師からFP受検対策だけでなくFPに関する様々な情報を聞くことができる個別授業(家庭教師)で勉強し
合格を勝ち取りたいと考えておられる方には朗報です。
ご自宅(※ただし東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に限定)までFP業務及び講師の経験豊富なFPがお伺いし、中身の濃い授業を
行うことで短期間にて合格へと導きます。
当社取締役 伊藤亮太が執筆した市販のテキスト及び問題集を使用(受験対策受講生につきましては無料で差し上げます。)
しますので、授業料代(+オプションで模擬試験代)+交通費代以外には一切かかりません。授業料及び授業開催日は以下の通りです。

   [質問2] FP資格試験(3級)の合格率を教えてください。
 

[回答]
■FP技能検定3級の受検者数と合格率について
 国家資格である3級FP技能士の試験(FP技能検定3級試験)は、学科試験と実技試験の2つから構成されます。実技試験は個人資産相談業務と保険顧客資産相談業務があり、どちらかの試験を選択して受検することとなります。

 学科試験と実技試験は別々に分けて片方だけを受検することも可能です(実際には同時に受検する方が多いといえます)。そして両方の試験を合格して晴れて3級FP技能士を名乗ることができます。

 FP技能検定3級の合格率については、毎回多少の変動はありますが、学科試験も実技試験も概ね50%前後といえます。合格基準は学科試験は60点満点中36点以上、実技試験は50点満点中30点以上、つまり両方とも6割以上の正答率であれば合格となります。国家資格試験の中では、取得しやすい資格といえるでしょう。

 

◇FP技能検定3級試験結果

2009913日実施】
科  目
受検者数
合格者数
合格率
学科試験
53,401

41,880

78.42%

実技試験

・個人資産相談業務

36,339

18,803

51.74%

・保険顧客資産相談業務

21,688

8,614

39.71%


2009524日実施】

科  目

受検者数

合格者数

合格率

学科試験

32,865

17,678

53.78%

実技試験

・個人資産相談業務

26,482

11,427

43.15%

・保険顧客資産相談業務

13,590

7,318

53.84%


2009125日実施】

科  目

受検者数

合格者数

合格率

学科試験

40,460

29,372

72.59%

実技試験

・個人資産相談業務

34,809

20,929

60.12%

・保険顧客資産相談業務

15,997

7,189

44.93%

出所)社団法人金融財政事情研究会ホームページ(http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/)より合格率について一部抜粋

 

◇受検の仕方
【ケース1】学科試験、実技試験の両方を受検する場合

  同じ日にFP技能検定3級の学科試験と実技試験を受験  
                   
学科試験、実技試験ともに合格       学科試験、実技試験の
いずれかのみに合格
 
 
一部合格者扱い。 試験免除制度が
あり、学科試験のみあるいは実技試
験のみの合格者は合格した試験が
次回以降の試験では免除される。
ただし、合格した学科試験もしくは
実技試験の試験日の翌々年度末
までに 行われるものに限る。
 
  不合格であった試験
(学科or実技)に合格
       
3級FP技能士資格の認定を受ける


【ケース2】学科試験あるいは実技試験のみを受検する場合

  FP技能検定3級の学科試験もしくは実技試験を受験  
                       
        学科試験、実技試験の
いずれかのみに合格
     
                 
   
一部合格者扱い。試験免除制度が
あり、学科試験のみあるいは実技
試験のみの合格者は合格した試
験が次回以降の試験では免除さ
れる。ただし、合格した学科試験
もしくは実技試験の試験日の翌々
年度末までに行われるものに限る。
     
     
    受検していない試験
(学科or実技)に合格
     
           
3級FP技能士資格の認定を受ける

 

   [質問3] FP資格試験(2級)の合格率を教えてください。

 

[回答]
■FP技能検定2級の受検者数と合格率について
 国家資格である2級FP技能士の試験(FP技能検定2級試験)は、学科試験と実技試験の2つから構成されます。

金融財政事情研究会が主催する実技試験は個人資産相談業務と中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務があり、いずれかの試験を選択して受検することとなります。なお、中小事業主資産相談業務は毎年5月、損保顧客資産相談業務は毎年1月と5月の試験では受検することができません。注意してください。

 日本FP協会が主催する実技試験は資産設計提案業務になります。FP技能検定2級を合格し、かつAFP認定研修を修了していれば、2級FP技能士資格取得だけでなく、AFP資格取得も可能となります。

学科試験と実技試験は別々に分けて片方だけを受検することも可能です(実際には同時に受検する方が多いといえます)。そして両方の試験を合格して晴れて2級FP技能士を名乗ることができます。
 
FP技能検定2級の合格率については、毎回多少の変動はありますが、学科試験も実技試験も概ね30%前後といえます(学科試験の方が多少難しい傾向にあります)。合格基準は学科試験は60点満点中36点以上、実技試験は50点満点中30点以上、つまり両方とも6割以上の正答率であれば合格となります。3級受検の時よりも、2級受検時には時間をかけてしっかり学習する必要があるといえます。


 

◇FP技能検定2級試験結果
[試験機関:金融財政事情研究会]

2009913日実施】

科  目

受検者数

合格者数

合格率

学科試験

30,132

8,766

29.09%

実技試験

・個人資産相談業務

17,449

6,730

38.56%

・中小事業主資産相談業務

2,295

1,004

43.74%

・生保顧客資産相談業務

5,010

2,394

47.78%

・損保顧客資産相談業務

434

149

34.44%


2009524日実施】

科  目

受検者数

合格者数

合格率

学科試験

27,268

5,709

20.93%

実技試験

・個人資産相談業務

17,790

5,725

32.18%

・生保顧客資産相談業務

4,494

1,341

29.83%


2009125日実施】

科  目

受検者数

合格者数

合格率

学科試験

29,644

5,252

17.71%

実技試験

・個人資産相談業務

18,133

3,543

19.53%

・中小事業主資産相談業務

2,797

833

29.78%

・生保顧客資産相談業務

4,340

1,323

30.48%

出所)社団法人金融財政事情研究会ホームページ(http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/)より合格率について一部抜粋
◇FP技能検定2級試験結果
[試験機関:日本FP協会]
2009913日実施】

科  目

受検者数

合格者数

合格率

学科試験

19,003

6,509

34.25%

実技試験

・資産設計提案業務

16,169

7,208

44.58%


2009524日実施】

科  目

受検者数

合格者数

合格率

学科試験

15,683

3,992

25.45%

実技試験

・資産設計提案業務

15,315

6,564

42.86%


2009125日実施】

科  目

受検者数

合格者数

合格率

学科試験

18,212

4,752

26.09%

実技試験

・資産設計提案業務

18,724

5,829

31.13%


出所)日本FP協会ホームページ(http://www.jafp.or.jp/examine/2fp/result/index.shtml)より合格率について一部抜粋

 

 

◇受検の仕方
【ケース1】学科試験、実技試験の両方を受検する場合

  同じ日にFP技能検定2級の学科試験と実技試験を受験  
                   
学科試験、実技試験ともに合格       学科試験、実技試験の
いずれかのみに合格
 
 
一部合格者扱い。 試験免除制度が
あり、学科試験のみあるいは実技試
験のみの合格者は合格した試験が
次回以降の試験では免除される。
ただし、合格した学科試験もしくは
実技試験の試験日の翌々年度末
までに 行われるものに限る。
 
  不合格であった試験
(学科or実技)に合格
       
2級FP技能士資格の認定を受ける  


【ケース2】学科試験あるいは実技試験のみを受検する場合

  FP技能検定2級の学科試験もしくは実技試験を受験  
                       
        学科試験、実技試験の
いずれかのみに合格
     
                 
   
一部合格者扱い。試験免除制度が
あり、学科試験のみあるいは実技
試験のみの合格者は合格した試
験が次回以降の試験では免除さ
れる。ただし、合格した学科試験
もしくは実技試験の試験日の翌々
年度末までに行われるものに限る。
     
     
    受検していない試験
(学科or実技)に合格
     
           
2級FP技能士資格の認定を受ける

Skirr Japan Co.,Ltd.